テーマ:貨車

H26.7.10の山陽本線

台風8号の影響でウヤと遅れのオンパレードで、それでもいくつか撮れたことはラッキーでした。 広島 10:39 遅1050レ EF200-3 +コキ 10:43 7053レ EF200-8 +コキ16両 西広島 10:58 遅5072レ EF210-130 +コキ(車内から) 岩国 11:42 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コイル貨車

最近ドイツ近隣で走っている12m級ソフトトップのコイルが貨車気になっている。 http://www.astrarail.com/products/steel-product-railcars/shimmns/ 各社独自の色とロゴで同じ形でもイロイロ楽しめるのがよい。 http://www.bahnbilder.de/?name…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UM-12Aコンテナ(6)

台風一過で晴れてきた。 空気が乾いてきたところで塗装を進めた。 細かいところに青が入っていかない(T T)・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UM-12Aコンテナ(5)

台風が列島に接近で朝から大雨であった。 それが驚くように午後から晴れたので、空気が乾いた感じを見て表面処理。。 前回落とし損なっていた接着剤を除去し、目立った気泡と接着面の隙間に瞬間接着剤をながした。 ヤスリがけ、そして確認のため再度軽くサーフェイサーを吹いた・・・・・ 初めてのホワイトメタルだったけどほぼ狂いな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

UM-12Aコンテナ(4)

お天気が良いのでサーフェイサーを吹いた キレイに取ったつもりで見えていなかった接着剤のはみ出し等が・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UM-12Aコンテナ(3)

ホキの塗装ができなかったのでこいつの組立 思ったより柔らかくピンバイスでカンタンに孔が開いた 結局いつものセメダイン速乾Gクリアで組んだ で、雨で塗装ができないので今日はここまで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(6)

インレタ貼り 今回はインレタを室温放置しておいたので気温が余り高くなかったもののキレイに転写できた。 今回選択した車号ではインレタの自重とあわなかった。 予備文字で自重を入れる 例によって0.4真鍮線でボルトを再現 このあとクリアを吹きたかったんだけどあいにくポツポツときた(T T) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(5)

部品入手等手間取っていたのでちょこっと間が開きました。 かなり欠品があったので、部品Aを1枚とCを2枚入手しました。 手が付いていなかった部分の塗装&組立しました。 冷房の入った部屋で作業しているので、インレタが付かなかった(ToT) 次の休みに暖かい部屋に置いておいてインレタ貼りやり直します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UM-12Aコンテナ(2)

ネット等の噂に反して意外と簡単に四角くなった。 写真は仮止め状態 こんなの持っていた(^^)/ コレで付くと思う。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ワラ1(2)

インレタ貼りである。 基本として実車が確認できる(ネットで可)番号を付けています。 ネットで見つけた16395にすることにします。 16395はなんと8.9tです。 デザインナイフを持っていたことを思い出したので、カッターではなくデザインナイフで印刷の凸部をこそぎ落とします。 カッターと違い刃がぶれないのでやりやす…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アクラス ワム80000(4)

一昨年のJAMから一向に手が付かないワム80000だったが、今日は天候がすぐれないので思い切ってインレタを貼った。 完成と思ったら-2もパレット積み記号の「ハ」が印刷されていないのね。 メチャ小さいから▲同様にキライなんだけどナントカ貼れた! -8は終わっていて、-5の2台はアクラスのインレタから適当に選んでそ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アクラス ワム80000(3)

本日の戦利品 一昨年のJAMで買い間違えて抜けていた-2とともに汎用型の-5を2台増備した。 3台になると500円引き + インレタ・サービスなのだ。 気になる! ここまで安いと欲しくなる・・・・ 6連で充分だが先立つものが先立たない(ToT)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の戦利品

カトー製ワム90000用コンバージョン荷室扉 そして早く出てほしいもの♪ 高校通学時田町で111系に混じって1本だけ80系が来ていたんだよねぇ♪
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(4)

この製品は合わせ面の隙間が多いのが気になっていた。 バラバラにしたついでに隙間に瞬間接着剤を詰めて慣らした ケーディーもこのまま付けるとガタガタ 完成品は金属のパイプが入っているが、コレにはなかった。 ケーディのフタ部分から中心部分を切り出す。 入っていればOKなので適当で大丈夫 標記類の処置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(3)

組立方・・・・・めちゃくちゃだな。 デッキの下に付けなくてはいけないものが上に付いていたり・・・・ セメダインG7みたいな黄色いのでべっちょり付いている・・・・・・ 破壊しないように何とか分解した。 コレが生かす方の車。 たりない部品をドナドナしたけどまだちょっとたりないものがあるな(T T) バラしてみて気づい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(2)

届きました。 かなり手を入れないと・・・・ とりあえずニコイチで1台は完成できそうだけど、もう1台は部品の有無とかイロイロ考えなければ(^^; コレも楽しみだな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOMIX ホキ5700-2(1)

ジャンクと言うことだったけど組みたてかたが悪いのだとのこと。 ・・・・ポチっとしてしまった(^^; タキ1900は高くなりすぎて手が出なかった(T T) 4輌になった(^^)/ 少しはサマになるかなぁ(^^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホキ5700化(6)

オリジナルの社名版には実車の社名板取付ネジがモールドされていて6カ所の小さい出張りがある インレタが貼りにくいと思われるため、板材と真鍮線で新たに作ることにした 製品の社名板はインレタにギリギリで貼りにくそうなので少し巾の大きい板材から切出すことにした 実車の写真と見比べながら0.4mmでボルト孔を開ける(写真は製品の社名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホキ7500→5700化(5)

購入した補修部品から必要となる常備駅を書く板と社紋を書く板を切取り、ご厚意で譲っていただいた空気管の塗装準備 鉄道カラーの黒を吹いた・・・・パーティクル・ラインがあんなところに(T T) こちらもご厚意で譲って頂いたインレタから「武州原谷駅常備」を転写 近くの八高線で見ていたチチブセメントとする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホキ7500→5700化(4)

この屋根とトレードです。 必要な部品を切り出し#1200で切口を整え中性洗剤で洗って割箸に貼りました。 鉄道カラーの黒をササッと吹いて 部品をチョチョイと 部品取付後、念のためクリヤを吹いた これで屋根完成 あとは型式とナンバーをいじらねば。 ボディ側の工事 完成品なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タキ1900増殖中

ポチっとしたのが届いたりして・・・・ これで東北開発車が4輌になったのでDE10にでも牽かせるか・・・・・ 住友車だけど青箱の上白石駅常備のもの。 これで当分タキ1900は良いかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タキ35000を汚す

1台は白に灰を少し混ぜて薄めたものを吹いて退色感を出してみたが・・・・ 常備駅(郡山)は手持ちのタキ9900の余りでまかなった。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タキ35000

全然興味なかったんだけど、なぜかポチっとしてしまったのが届きました。 これも安かったのに全然競合がなかった。 しかしデカールに常備駅が郡山と盛岡(貨)3枚ずつしか入っていない 郡山はJOTで盛岡(貨)はOTだから同じマークが2輌作れないことになる。 その割に日本石油輸送とかオイルターミナルという長い持ち主の名称は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホキ7500(2)

ポチっとしたのが届きました。 安かったのに全然競合がなかった。 しかし7500って22輌しか作られていなくてそのうち2輌はホッパ容積が1割程大きいそうな。 2台になったので同ハッチx3タイプとと異種ハッチ・タイプのホキ5700チチブセメントに改造できるかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more