TOMIX 70系スカ色 HO

基本セットだけで終焉期の4連相当で遊ぼうと画策
ナンバーを貼ろうとネットを検索してみると、このセットは意外に
扱いにくいことが判明・・・・・

*シル・ヘッダが妻面まで回り込んだ初期型車体
*DT16台車
*車体更新後のHゴム戸袋

25~26年製造の初期型なので、新潟色には困らないが
高シマ配置車とするにはモハが107の1両しか当てはまらないのである。

最初は台車をエンドウ製に代えることも考えたが、
・台車をはずすのも?だし
・床板を補修してマクラバリ取り付けるのも手間だし



ということで2両目のモハとなるMなしモハは苦肉の策として
5つの欠番のうちから118を当ててごまかしたのであった(^^;
画像


画像


シル・ヘッダが妻面まで回り込んだ車体
画像





TOMIX 70系 新潟色 HO (2)

今回のTOMIXのインレタは糊がたっぷり残って改番はやりにくいったらありゃしない・・・・


画像


貼る前に不要な文字をカットしておけば多少は楽になることが判明
ただ、完全な入れ替えや中の方の文字は糊が多少重なり、結局の所やりにくい
画像



TOMIX 70系 新潟色 HO (1)

70系新潟色がやって来た。
早速見回してみると、Mなし3両のうちモハ70の台車がクハと違って下からネジ止めではなかった。
今後のウェザリング時のこともあるので(あるのか?)どうなっているか見てみることにした。


画像





台車は床板に嵌まっている構造。
M付き車とはギヤ類がないだけで最低限の共有のようだ。
画像





台車を分解したが半分は床板から外さないと外れない・・・・
画像


画像





客席もM付き車と共用でモーター部分が盛り上がっている。
画像





クハ76の台車はビス止め。
画像