SBB Re460救出

パンタ破損、ボディに発泡スチロール付着でウインドウ越しに「タスケテ」と哀しげな眼で見つめられてしまいました・・・・・

またやってしまいました。


折れた支え部は直径が意外と細いがこんな細い新抽選は持ち合わせがないので・・・・ガサゴソゴソ
電子部品の足がちょうどいい感じだ。
画像


これで左に曲げてやればOK!
画像


舟の並行保持用ロッドも電子部品の足がちょうどよい太さだった。
長さを合わせて・・・・これが意外とタイヘン
ちょっと曲げそこなうと全然平行が出ない
画像


いい感じ!
画像


CRD5個ほど足が短くなってしまった(^ ^;
画像

画像


発泡付着はいつものようにプラ用コンパウンドでゴシゴシと。
画像

画像

画像

画像


完成ですな。
画像

画像

画像


修復費用150円ってところか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック