KATO PF2次更新色(2)



ホースのない配管は実車にあわせてコック部分を削除。

ホースのあるものは他のPFに入っていた黒の残部品を使用。

右から3番目は説明書のとおりカプラーと干渉するので
コックのみとした。


画像

ホイッスルはカバー付きを選択したため1066号機とした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック